「幼児教育無償化」における9月末の報告

皆様

いつも大変お世話になっております。
9月も終わりを迎え、10月より幼児・保育の無償化の運用が始まります。
来年度入園の検討している方には、大変関心の高い制度であります。

そこで、今現在の情報を報告させていただきます。

湘南幼児学園は、利用者給付の施設となっています。
無償化に対する保育料の補助を受けるには、行政が指定する書類提出を行って頂きます。
提出後保育認定の可否が審査され、審査で可とされた利用者の皆さんに保育料(保育料以外の実費は対象外)の無償化(国の予算)が行われます。

現在は、在園児の父母が提出した書類を自治体が審査し、茅ヶ崎市が決定通知が出ましたが、藤沢市は決定通知がまだ来ていません。
申請者は新2号認定利用者となり、保育料(保育料以外の実費は対象外)の無償化(国の予算)と
無償化対象外になった方への助成(自治体の独自予算)が行われます。
費用返還方法に関しては、償還方式(一旦利用者が施設に支払い、その後行政から返還)になります。

湘南幼児学園は、届出済みの私設保育施設(神奈川県の呼称)ですが、藤沢と茅ヶ崎では呼称が違っております。
□ 神奈川県の呼称  →  届出済みの私設保育施設
□ 藤沢市  →  幼児教育施設
□ 茅ヶ崎市 →  幼稚園類似施設

また、私設保育施設は、居住地域により保育の必要性有無で無償化の補助額が違っており、現在行政が調整しています。

必要性のある方(国の無償化予算)
必要が認められない方(自治体独自予算で補填)
国の制度では対象外となりますが、各市が独自に保育費用の補助を行います。
湘南幼児学園に入園・通園する方で、保育の必要性が認められない方は、以下の内容をご理解下さい。

施設として今回の無償化制度の対象か否か → 国の対象外、自治体の認定対象施設

市独自の補助制度により補助する→ 対象(必要性の有無で、国もしくは自治体が補助)

国の補助ではないが、市独自の予算により利用金額の補助を行う(その金額は9月27日現在未確定)。

 

〈藤沢市の制度〉
・保育の必要性がある場合 25,700円(預かり保育を行なった場合 37,000円)
(お仕事を月64時間以上しているなど)(国の無償化予算)
・保育の必要性がない場合 25,700円の全額か一部(自治体独自予算)最終決定は出ていません。
〈茅ヶ崎市の制度〉
・保育の必要性がある場合 25,700円(預かり保育を行なった場合 37,000円)
(お仕事を月64時間以上しているなど)
・保育の必要性がない場合 所得に応じて金額を検討(幼稚園就園奨励補助金等)
隣接地域と格差が無いように、早急に対応を願う陳情を採択、現在検討中。

現状弊園(湘南幼児学園とKram-Skolan保育園)のうち保育園は、企業主導型保育園となっており、認可保育園と同等施設として運営しておりますので、
認可保育園の厳しい運営基準に準じた施設として、無償化対象(1、2歳児は非課税世帯のみ)となっております。

ご不明な点・ご質問などございましたら、お気軽にお電話下さい。

よろしくお願い申し上げます。